UbuntuでWAC505のSNMP Trapを受ける

目次

NETGEAR Insightで管理している無線APのWAC505がSNMP Trapを送信出来ると聞いたので設定してみたメモ。

環境

  • Ubuntu 20.04.1 LTS

送信側(WAC505)の設定

  • スマートフォンのInsightアプリで、ロケーション -> ロケーションの設定 -> SNMP を開き、SNMP Trapを有効にして、Trapを受信するサーバのIPアドレスを入力する。
    • Web UIの場合は、上部のロケーション切り替え部分から「すべてのロケーションを表示する」を押して、対象ロケーションの右上の「…」でロケーションの編集 -> SNMP
    • 設定完了後、WAC505にsshして show configuration すると設定が見える。

受信側の設定

  • 必要な物をインストール sudo apt install snmp snmptrapd snmp-mibs-downloader

  • snmptranslate出来るようにする

  1. NETGEARのサポートページからWAC505用のMIBファイルをダウンロードする。 今回は WAC505_V9.1.0.13.mib というファイル名でダウンロードした。
  2. mv WAC505_V9.1.0.13.mib /usr/share/snmp/mibs
  3. /etc/snmp/snmp.confmibs : をコメントアウトして mibs +ALL を追記
  4. snmptranslate .1.3.6.1.4.1.4526.100.7 を実行して、WAC5XX::accesspointと出ることを確認
  • snmptrapdの設定
    • /etc/snmp/snmptrapd.confdisableauthorization yes を追加
      (本当はコミュニティ名を指定すべきだと思うけど、今回は適当に。。。)
    • sudo service snmptrapd restart

ZabbixでSNMP Trapを拾う設定

基本的にここを参考にすればOK
https://www.zabbix.org/wiki/Start_with_SNMP_traps_in_Zabbix

  • いろいろインストール

    sudo apt install libsnmp-perl
    wget https://raw.githubusercontent.com/zabbix/zabbix/master/misc/snmptrap/zabbix_trap_receiver.pl
    chmod +x zabbix_trap_receiver.pl
    mv zabbix_trap_receiver.pl /usr/local/bin/
    
  • snmptrapdの設定 /etc/snmp/snmptrapd.conf に以下を追加

    perl do "/usr/local/bin/zabbix_trap_receiver.pl";
    
  • zabbix serverの設定 /etc/zabbix/zabbix_server.confを以下のように修正

    StartSNMPTrapper=1
    SNMPTrapperFile=/var/log/zabbix_traps.log
    

SNMPTrapperFile は、 zabbix_trap_receiver.pl$SNMPTrapperFile で指定したパスに合わせる。

その後、service zabbix-server restart でzabbix serverを再起動